手湿疹

家事が原因となって発生する場合が多い

「手湿疹」とは、外的な刺激を原因として手のひらや指にできるかぶれ、湿疹のことをいいます。
手湿疹は、手や指が日常生活を通してたくさんのものに触れているために発症しやすく、「接触性皮膚炎」ともいうべき湿疹が起こりやすいという状況があります。
手湿疹は洗濯や食器洗いなど、日常生活の中では特に、家事が原因となって発生する場合が多く、またの名を「主婦湿疹」とも呼ばれます。
病気の症状は、シャンプーや水仕事の多い美容師や飲食業、医療従事者にもよく見られるものです。
手湿疹の症状は、手が洗剤やシャンプー、食材、医薬品といった刺激の強い物質に触れることによって起こる症状です。
病気が発症するきっかけとしては、おもに水をよく使うことによって、手の皮質がはがれてしまい、機能が低下してしまうことがきっかけとなります。
手の表面を覆っている皮膚は、皮膚表面にある皮脂膜や厚い角質層によって、常に潤いを保っています。
ですが、水仕事によって一旦皮脂膜が失われてしまうと、外的刺激の影響を受けやすくなってしまいます。
この病気の症状の原因を取り除くことは、日常生活での手仕事や外的刺激が原因となっているため、なかなか難しいというところが現状です。
症状が出た際には、症状が進むと長引いてしまうため、早目に医療機関を受診しましょう。
手湿疹の治療としては、症状によって副作用の少ない尿素軟膏、ステロイド性外用薬などが使われます。
原因を完全に取り除くことが難しいものだけに、悪化させないよう治療を継続することが大切です。